玄米クリームの作り方

 

ホームページでも紹介しましたが、玄米クリームは消化によく、なおかつ玄米の栄養が含まれているので胃が疲れている時や体調不良の時にはもってこいな食べ物です。

 

甲田先生曰く、逆流性食道炎の時は玄米クリームが良いそうです。

 

さて造り方を紹介していきます。

 

まず食べる分の玄米をミルサーにかけます。

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20181009110855j:image

 

私は少し多めに食べたいので100グラムにしました笑

 

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20181009110938j:image

 

ちなみにこのミルサー、ブログで紹介したPanasonicのミキサーについているミルサーになります。

 

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20181009111029j:image

 

こんな感じで粉々になります。

 

粒が大きいと出来上がった時舌触りが少し悪くなるので細かくした方が美味しく食べれます。

 

そうしたら鍋に移し、水入れます。(100gの場合500ml程)

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20181009112002j:image

 

水を入れ終わったら中火にかけてかき混ぜます。

 

※かき混ぜるのをやめるとダマになるので注意してください。

 

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20181009111245j:image

 

五分ほど中火にかけるとふつふつ沸騰して来ます。

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20181009111515j:image

 

そうしたら弱火に変えます。

 

しばらくかき混ぜながら弱火にかけるとこのように水分が飛び固まって来ます。

 

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20181009111804j:image

 

そうしたら火を止め、蓋をして10分ほど蒸らします。

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20181009111908j:image

 

蒸らし終わった後、味付けで塩を入れます。(私はしょっぱめが好きなので5グラムほど入れます)

 

お皿に移せば完成です!

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20181009112127j:image

 

。。。。正直ちょっと見栄え悪いですよね。。。←

 

私の水加減と写真の撮り方のせいだと思います←

 

水加減もお好みで変えてみてください。

 

ちなみに玄米クリームはすりごまをかけて食べると美味しいです。