気楽に.com

役に立つ情報や、海外の情報など載せています。

【台湾の新北投の景色が綺麗】温泉街や公衆温泉注意等

こんにちは。

 

今回は台湾の有名な温泉地である新北投に行ってきました。

私は友達から事前に公衆温泉は水着が必要と言われていたので持って行ったのですが入ることができませんでした。

 

理由は注意点として後ほど説明します。

 

【新北投から歩いて八分にある公衆温泉】

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20190412165600j:image

 

この温泉は40元(150円)ほどで入れる公衆温泉です。

中に入ってみた感じ、まあ日本の温泉に比べると、、う、うん。という感じでした。

 

しかし観光客の方や現地の方もいるのでまた違った雰囲気が楽しめる事でしょう。

 

私も早速入ってみようと思ったのですが、、入れなかった、、。

なんでだよおおお海パンもってきただろおおおおお。

 

どうやらスポーツ用のぴちっとしたものでないといけないらしく、ビーチに行くような海水パンツでは入れませんでした。

 

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20190413132709j:image

 

こんな感じのスポーツタイプのやつが必要。

 

中でも200元(800円)ほどで売っていますのでわすれても問題はなさそうです。

 

(ほかのところは水着が必要ない場所もあり個々の温泉のみの情報となります)

 

【ホテルについている温泉はかなり高い】

 

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20190412165946j:image

 

公衆温泉ではなくもう少し良い温泉にはいれないかなーと思ったのですが何せ高い高い。(笑)

 

ホテルに宿泊しなくてもホテルの温泉だけ利用することもできるのですが、2500円から3600円ほどが大体の相場になっています。(もっと高いところあるのかもしれませんが)

 

ちなみにホテルの温泉は利用していないのでその他詳しい情報はわかりませんが、温泉なら日本でいいんじゃねえか。

入りたい方は調べてみて下さい。

 

ちなみにこちらの方の記事はリーズナブルな温泉が良く書かれていて500円以内で入れる温泉がピックアップされていますのでとても参考になると思います。

 

コスパ最高!リーズナブルに楽しむ北投温泉のイチオシ4選。

 

 

【地熱谷の景色がかなり綺麗だった】

 

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20190412170059j:image

 

地熱谷は有名スポットで多くの観光客が訪れます。

 

ただし夏や気温の高い時期に行ったので暑かったです(笑)

 


地熱谷に行きつくまでの、流れている川が個人的にとても好きで写真もきれいに取れました。

 

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20190412170608j:image

 

とにかく地熱谷だけでなくそこにたどりつくまでの道のりがかなりきれいなんですよね。

 

【地熱谷付近のカフェ】

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20190412172333j:image

写真の撮り方すいません。こんな取れていなかったとは、、(笑)

外から見るとなかなかおしゃれで足湯がついています。

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20190412172417j:image

 

お、気が利くじゃーんと思い足を入れようとすると、「50元」という声が。

 

いや金とんのかーい(笑)

200円は払いたくないので足湯はしませんでした。

 

タピオカミルクティーを頼みましたが他のところに比べると割と割高でした。(写真撮るの忘れた)

 

私が頼んだ時は80元(約300円)でした。

ローカルなところだと180円ほどで飲めます。

 

 【新北投の温泉街はとにかく景色が綺麗】

 

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20190412173712j:image

 

 温泉街を歩いているとかなりきれいな景色を見ることができ、写真をあまりとらない私でさえ写真を撮ってしまうほどでした。

 

ちなみにこちらは図書館から撮影したものです。

 

温泉街の入り口のほうにおっきな公衆図書館があります。

 

図書館についてはこちらの記事に記載しました。

 

www.ziritsushinkei.com

良かったら参考までにどうぞ。