気楽に.com

役に立つ情報や、海外の情報など載せています。

【ニートって楽しいの?】ニート体験者が解説します。

 

こんにちは。

 

今回は「ニートって楽しいの?」という事について触れていきたいと思います。

 

【ニートとは】

 

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20190428130043j:image

 

まず働かないという意味でのニートはNEETであってNEATではありません。

 

ふぁっ⁇と思った方。はい説明していきます。

 

neetとは Not in Eduction Employment or Training

の略でneetと言います。

 

意味は就学、就労、職業訓練のいずれも行なっていない人の事ですね。

 

対してneat清潔とかしっかりした等の意味があります。

 

アメリカ人の友達にyou are neat person的なことをニートだった時に言われ、NEETNEATの違いがわからなかった私はニートみたいなやつと言われたのかと思ったのですが、綺麗好きな人な的な意味でした。笑

 

とまあこんな経験から発音が同じなので雑学をぶち込みました。

 

 

 

【ニートって楽しいの?】

 

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20190428125837j:image

 

いずれの理由でニートになったにしろお金がない長期間引きこもりがちなニートはかなり辛い。

 

最初のうちは楽しいかもしれません。

がだんだんお金がないと外にも出られないので引きこもりがちになってきます

そうすると一日中同じようなことを考えたり頭の中がぐるぐるしてきて頭がおかしくなりそうになってきます。

 

また働かないという事は世間的な目も気になってきます

そうなると引きこもりはさらに悪化し人目に触れられたくないのでさらに家にこもることになります。

そうなるともう悪循環の無限ループ。

 

仕事に疲れてやめた後、数か月働かない程度ならむしろ元気にもなれそうですが、これが二年、三年となってくると心身共にかなり辛くなってきます。

 

事件を起こしたりして「だれでもいいから殺したかった」なんて言っている人は無職の方が多いです。

 

家に引きこもると精神的に不安定になってきて攻撃的になったり、自虐的になったりと精神のバランスを崩し始めます。

 

筆者も引きこもっていた時「ああ、犯罪者の気持ちってこんな感じなのか」と思う事がありました。

 

それを行動に移す人が事件となって表ざたに出てきてしまいます。

 

そうなる前に早めに気づき自分と向き合う必要があります。

 

また二ートという事だけが辛いというわけではなくニート→お金が無くなる→引きこもるようになる→社会からの断絶→孤独

 

このプロセスすべてが辛くなる原因かと思います。

 

やはり社会から断絶されるという事はとても辛いことで孤独です。

通常であれば働くという事で人々と接するわけですから社会的コミュニティーに属しているわけですがそれがなくなるとかなりしんどいです。

 

これはあくまでも筆者の感想であって何年たってもニート楽しい!わっしょい!!という方も中にはいると思います。

 

 

【精神疾患で働けなくてやむなくニートになる場合】

 

これはもう仕方ないです。

筆者も精神疾患にかかりやむなくニートをしていました。

 

働けるけど働く気がないニートに比べると、働きたくても働けないという分選択肢がないので気持ち的に辛いことも多いかもしれません。

 

そもそも働く気が起きない、という事自体、心身共に体調を崩している方なのかなと思います。

 

そう言った方は働かなくとも心療内科のデイケア(患者同士の話し合い)や何らかの軽いコミュニティーや緩いボランティア等から参加することを勧めます。

(重い鬱の方などは体調が良くなり動けるようになってから)

 

週に一回でも人と接する機会があると気持ちもだいぶ違います。 

 

 

【まとめ】

 

ニートは長期、1年以上になると辛くなってくる。

ニート自体が辛いのではなく社会からの断絶や孤独が大きな辛さの原因になる。

中には何年たっても楽しい人もいるかもしれない。

 

という事でした。

 

ご自身が楽しくてニートできる環境ならそれでも良いのかと思いますが、普通にある程度い金を稼いで遊んでいたほうが楽しいかと思います。

 

以上ニートについてでした。