いろんな文化の人たちと接して感じることについて

 

こんにちは。

 

ずっと日本に住んでいて海外旅行も行ったことがなかったので、こうして近い台湾だけれど異文化を持つ人たちと過ごしていると井の中の蛙状態だったなとつくづく感じます。

 

ずっと正しいと思っていたことが、こうして外に出てみると意外にそうではなかったんだなという事や、何か凝り固まった思考が少し溶けた気がします。

 

例えば人との距離感だったり、本音や建前、または気の使い方など。

 

割と海外の人は裏表がある人は少なく、嫌なことは嫌、良い事は良いということを表面に出すので割と接していて楽です。

 

例えば話しかけて機嫌悪かったとしてもそれは、私と話すことが嫌だからではなく、ただ単に疲れていたりするだけであって、無理して気を使って話す事も無いからです。

 

気を使うという事は気を遣われるということでもあり、気の使いあいって割と疲れる事なんだなと思いました。

 

私も以前まで嫌な事でも付き合ったりしていましたが、今では断る事もできますし、yes.noはっきりすることが出来るようになりました。

 

そっちのが自分も相手も返って楽なんだなということに気づいたからです。

 

と言うあーだこーだはさておき、本日の昼食載せちゃいます。

 

シェフが休みの日だったので、ベジタリアンのドイツ人が紹介してくれたベジタリアンのお店に行ってきました!

 

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20190602170033j:image

 

日本だとベジタリアン料理はないわけでは無いけれど、あっても高い。

 

でも台湾は普通の食事と変わらずむしろ安いくらいでした。

 

それでは写真載せていきます。

 

ドゥルルルルルルル ドゥン

 

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20190602170159j:image

 

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20190602170207j:image

※ご飯二枚とも食べかけ笑

 

 

二枚目がわたしの食べた昼食です。

値段はおよそ300円程。

 

お肉に見えるようなものはおそらく豆腐か何かで出来ていてお味も超ヘルシーでした。

 

ちょっと足りなかったので帰りに買ったクッキーを歩き食べしながら帰りました。

 

f:id:ziritsusinkeikokorotokarada:20190602170449j:image

 

100円でこの量はなかなかですよね。

 

さっき仕事が終わって、これから台湾人の友達と夜ごはん食べに行ってきまする!