いかなる時も友達の悪口は言わない方がいい件

 

こんにちは。

 

仲良い友達でも、ちょっと嫌なことがあると悪口を言いがちですよね。

 

悪口って言うとスッキリするようで実はストレスが溜まる行為なんですよね。

 

もちろん本当に嫌いで嫌いで仕方ないやつのことについて悪口を言った場合にはスッキリするかもしれません。

 

しかし仲の良い友達、もしくは友達で、嫌いではないけれど悪い部分が少し見えてしまって悪口を言ってしまうとまあ気持ち悪位気持ち悪い。

 

やっぱり人にはいい所悪い所はあって、悪い所が見えたときに悪口を言いたくなったときはまあ飲み込んだ方がいい。

 

そして悪口を言うくらいなら、本人に直接伝えてしまった方がいいかもしれない。

 

悪口は聞くのも言うのも気分が悪いものです。

 

仮にお互いその人が嫌いであればそれは楽しいかもしれませんが笑

 

ほとんどの場合気持ちが悪くなるはずです。

 

そして壁に耳あり障子に目ありで、悪口はどこから漏れるかもわからない危険な行為なのです。

 

二次災害、三次災害になりかねません。

 

また自分のコンディションが悪いとつい悪いことばかり見つけて悪いことを口走りがちになります。

 

そこはぐっと堪えて飲み込んだ方がいいでしょう。

 

本当に嫌いで、その人に面と向かってもお前嫌いだって言えるくらい嫌いであれば誰かに話した方が楽になれるかもしれません。

 

じゃあ、どうしたらこのモヤモヤが解決するんだ、飲み込むのはストレスだ、と思うかと思いますが、一番良いのは距離を置く事です。

 

他人に対して文句がで始めるのは、距離が近すぎる場合が多いです。

 

より親密になると色んなこともいいやすくなりますから。

 

悪口が顔を出し始めたら少し距離を置いてみてください。

 

距離を置かない環境にあるのであれば、極力自分から関わらない方がいいでしょう。

 

導火線に火をつけかねませんから。笑

 

とまあ悪口について感じた事でした。